ふるさと納税で復興支援~暮らしのマル得納税術~

手軽にできる納税

風景

最近、手軽にできる節税対策として「ふるさと納税」が人気を集めています。実質的な自己負担は2,000円で、2,000円を超えた部分については所得税と住民税で還付を受けることができます。

特徴を知ろう

田畑

ふるさと納税することでできることの一例として考えられるのは、災害を被った地域への支援。ふるさと納税には5つの特徴があり、この方法で納税するメリットは多いと言える。

魅力は多い

成人

近年注目されている納税方法の1つにふるさと納税があります。この納税方法は、自分の出生地に関係なく、どの地域でも納税ができる制度となっています。震災後の復興支援として利用されている制度の1つとなります。

説明と方法

ふるさと納税の説明と納税先を決める方法

景色

ふるさと納税は、1万円を納税した場合、控除額は8000円になります。 これだけであれば2000円の損失になりますが、納税することで各自治体の特産品を受け取ることができます。 そのため各自治体では、納税額を増やすために様々な特産品を用意しています。 これを選ぶ楽しさがあるのがふるさと納税になります。 そして欲しいと思った特産品を受け取ることができる自治体を選ぶことになります。 その方法として、ネットには各自治体の特産品の一覧が掲載されています。 これを調べることで、気に入った自治体にふるさと納税をすることになります。 そして納税した自治体から領収書が届き、確定申告の際に提出することで控除してもらえます。

納税をする時の工夫とメリット

ふるさと納税はの魅力としては、例えば1万円を納税した場合、8000円が控除額になり、残りの2000円で特産品を受け取ることができます。 そして特産品の中には、その自治体でしか味わえないものが数多くあります。 またふるさと納税が人気になっている理由として、控除額を除いた金額よりも高い特産品を受け取ることができる魅力があります。 ふるさと納税先を決定する場合、工夫する点として、ポイント制を導入している自治体を選ぶことです。 それは納税した金額によってポイントが付与され、特産品に使ったポイントが余った場合は、次の時に繰り越せる制度です。 そのため魅力的な特産品がたくさんある自治体を選ぶことが工夫のポイントになります。 またカタログを送ってくれる自治体は、色々な特産品が見やすいというメリットがあります。 そしてふるさと納税をした時の特産品は、季節によってもらえるものが変わってきます。 これを調べてから、同じ自治体に納税する方法もあります。 このようにしてふるさと納税をすることで、各自治体の魅力ある特産品を受け取ることができます。

お得に食事を楽しみたいといった人は多く存在しているでしょう。特に家計をやりくりしなければならない立場にいるならば、なおさらです。日々の食事もできるだけお金をかけずの用意して行きたいものです。しかし、最近はどの食材も値段が高騰してきているため、自炊するにしてもある程度のお金が掛かってしまいます。そういった場合に利用しておくべきものがふるさとの納税なのです。ふるさと納税を行なっておけば、納税した地域の特産品といった食材を貰うことができるのです。貰える食材はお肉やカニ、魚、お米など非常様々なものがあるので、非常にお得感を味わう事が出来るでしょう。納税するだけで還元されるふるさと納税を利用しない理由はありません。